食欲の“秋”到来!秋の養生“秋分”の日に食べたい薬膳ご飯

秋は収穫の秋!

美味しいものがたいくさん市場に出回るシーズン。

そんな美味しい季節が本格的に始まろうとしていますが、夏から秋へ移行する際に気になるのは身体への影響ですよね。

気温と湿度が高かった夏から空気が冷え、乾燥が始まる秋は夏の間に身体にたまった熱を徐々にだし、冬に備えるタイミングでもありますね。

なので、秋の体調不良は身体の中の熱と乾燥によるものがおおく、咽喉や口の中によく現れます。

そんな秋に食べた方がいい食材は・・・

収穫の時期を迎えた自然界のエネルギーがたくさんつまった食べ物たち。

夏の暑さで弱った身体をケアし、冬の寒さに備えた身体を作ってくれますよ!

《食材》

・「肺」を潤し美肌効果もあるとされるのは
  --->ぎんなん(食べ過ぎ注意)、ユリ根、蜂蜜(非加熱)、白ごま、
      白きくらげ、レンコン、蓮の実、大根、白菜など。

・乾燥対策には--->ナシ、ブドウ、ざくろ、柿(梨、柿は身体を冷やす)

・消化吸収を高め、スタミナがつく--->さんま、鮭、さば、山芋、

・腸の働きが整えられ、便秘を改善--->くり、さつまいも、里芋


※辛味は身体の水分をとばしてしまうのであまりとり過ぎないようにしましょう。

※酸味と甘味の組み合わせで潤いを補いましょう。

《参考メニュー》

・枸杞とヘチマの炒め物

・鴨肉の蓮の葉包み蒸し

・レンコンサラダ

・サンマの梅紫蘇巻き

・銀杏の炊き込みご飯

・さつまいもと栗の炊き込みご飯

・きのこのスープ

・柿餅

・白きくらげと蓮の実の蜂蜜煮

※気になるメニューのレシピが知りたい方はコメントしてくださいませ。

《飲物》
目の疲れにもいい、クコと菊花のお茶

・クコ酒(クコをお酒に数週間つけたもの)
 -血を補う効果のある枸杞は乾燥する季節に潤いを引き出してくれます。

・菊花茶
 -熱を冷まし、視界をクリアにしてくれます。風邪、発熱、頭痛、目の充血などに。

・百合蓮根茶(ユリ、レンコン、ビワ)
 -肺を潤し、咳を止め、咽喉を保護してくれます。

《マメ知識》
ペパーミント、ジンジャー、レモン、レモグラス、ローズマリー、グレープフルーツ、シナモン、タイムは消化不良にならないように消化を助けてくれます。

ペパーミントやレモンのエッセンシャルオイル(塗布&食用のもの)を持っておくと便利ですよ!

胃が張っているなと思ったらペパーミントを胃のあたりに塗布したり、白湯にレモンオイルを入れて飲んだりするだけで〇

投稿者: 福がーる

お喋りなトリリンガル。 “思い立ったが吉日”。気になったらとにかくやってみたくなる。そのくせ、少しでも気になることがあると立ち止まってリサーチし始めるところがある小心者セッカチ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。