英語を学ぶ際、先ずやることは

“英語が苦手だな~、でも出来るようになりたいな~”という方はここから始めましょう!

どれくらいの英語教師の方々がされていて、どれくらい徹底されているのかわかりませんが、私にとってこれはMUSTであり、これをやらずして、上達するとは思えないので、独学の皆さんも是非お試しください!

英語を習得する上で先ずやること!

それは・・・

音読

すること。

これをやることで英語のリズムが身につきます。

そして、音読するだけなので、

意味を理解する必要はありません!

始める前に・・・

サンプル音声を聞くこと

読もうとしているものが

  • 学校の教科書であるならば、CDや音声データをもらってきたものを
  • 市販の英語教材であれば、CDが付属されているか、別売りされているものを
  • 検定試験などの教材もCDなど聞けるものがあればそれを

使えばいいでしょう。

では、サンプル音声を聞く際にやるべきことは・・・

  • 単語の読み方の確認
  • 長いセンテンスなど、どこで区切り、息継ぎをしているかを確認

  ※この場合、自分で文中に/をひいたり、マークをつけてもいいでしょう。

  • 音声のあとに続いて自分も後を追って読んでみる。
    よくある「Repeat after me(リピート アフター ミー)」ってやつですね。

  ※聞いている音声データやCDを一時停止してもいいです。

  ※慣れてきたら、テキストを見ずにディクテーションをしてみましょう。






そして、ここからは音読をする時にやること・・・

①聴いたサンプル音声のイントネーションやリズムを真似る

②数回読んだら、サンプル音声と同じくらいのスピードで読めるようにする

③録音して聞いてみる。

 ※もし気になるところがあれば、そこは修正する。


意味をわからずに音読する意味あるの?と思われるかもしれませんが、それは後から付いてくるので大丈夫!

まずは英語を英語らしく読めている自分がどんなんなのを知って、楽しんでみてください。

英語はリズムと感覚から入りましょう!


  

まとめ

まずは英語の感覚を身に着けることで読んだり、聴いたりすることに慣れます。

最初から意味を理解しようとすると単語を覚えようとしたり、文法を勉強しようとしたりして、これでは学校英語と変わらない・・・もし学校英語で挫折をされた方であれば、なおさら再び同じ方法で習得しようとしても、結局できず終いになる可能性大ですよね。

通訳や翻訳家さんを目指すならともかく、まずは“話せるようになりたい”と思うのであれば、まずは音読からやってみてください!

その中でこれは何?という単語が出てきたら、調べて意味を理解する・・・これくらいの感覚で進めてみてください。

投稿者: 福がーる

お喋りなトリリンガル。 “思い立ったが吉日”。気になったらとにかくやってみたくなる。そのくせ、少しでも気になることがあると立ち止まってリサーチし始めるところがある小心者セッカチ。

英語を学ぶ際、先ずやることは」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。