NHK vs.イラネッチケー

先日のニュースになったNHKの受信料を巡る裁判

契約義務認めず、NHK敗訴 視聴不可テレビ設置―東京地裁

NHK視聴できない装置付けたTV、受信契約義務なし…東京地裁

この裁判で焦点となったのが、訴えを起こした女性が持っていたNHKの放送を視聴できないようにするための装置が設置されていたテレビ。

その装置がハッキリとどういうものなのか報道されているのが少ないのですが、言われているのは地上波カットフィルタ― “イラネッチケー” 。

イラネッチケー – Wikipedia

NHK側はこういったフィルターを取り付けたとしてもテレビの構造上、NHK放送を受信できる機能が備わっており、復元も容易だとし、復元すれば受信ができる状態であるため、受信契約の締結義務を負っていると訴えていたそうです。

過去にあった別の裁判ではこれを取り付けたとしても、取り外すことが可能だということが立証されていたため、解約は認められませんでしたが、今回の裁判を起こした女性が所持していたテレビは復元するのが困難だと認められ、NHK側の敗訴に至った模様。

ラネッチケーの設置をする際は、有効な地域があること、製品タイプによっては他のチャンネルも受信できないことがあること等々、要注意点があるので、各自事前に確認することをおススメします。

ちなみに、このイラネッチケー(←ここをクリック)はAmazonから購入可能。

投稿者: 福がーる

お喋りなトリリンガル。 “思い立ったが吉日”。気になったらとにかくやってみたくなる。そのくせ、少しでも気になることがあると立ち止まってリサーチし始めるところがある小心者セッカチ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。