テイクアウトな日々、忘れ去られたプラスティック問題

自分が出したゴミがこの中にあるかもしれない。

外食よりも、テイクアウトが主流になるのかな?と思うくらい、コロナの外出自粛を受けて、多くの方々が食事をテイクアウトすることを楽しんでいる様子はテレビやSNSなどからも伺えます。

これはレストランや企業が経営・営業スタイルをシフトすることで、このコロナの緊急事態を乗り越えようということから始まったところが多いのではないかと思います。

どこも存続がかかっているので、色々考えてはいられない・・・と思うのですが、でも、これだけはもう少しなんとかできないだろうか?

そうです、プラスティック製品の使用についてです。

少し前まであれだけストローを紙やステンレス製のものに変えたり、レジ袋を有料化するなど色々と取りざたされていきたのに、今回のこのコロナでテイクアウトが始まってからはほぼ何も触れられていない気がしています。

漏れないし、レンジで加熱できるし、安い・・・のはわかりますが、どれだけのプラスティックが利用され、捨てられているのでしょうか?

想像しただけでも、恐ろしい・・・

お客さんとして、テイクアウトをする側の私たちもその事を考えなければいけないと思います。

お皿やお弁当箱を持参するなど、ぜひ環境の事も少し考えながら、テイクアウトしませんか?

Let’s be ECO friendly!

投稿者: 福がーる

お喋りなトリリンガル。 “思い立ったが吉日”。気になったらとにかくやってみたくなる。そのくせ、少しでも気になることがあると立ち止まってリサーチし始めるところがある小心者セッカチ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。