女神ペレからのメッセージ

おはようございます。

ゴールデンウイーク明け、週の始まりの月曜日ですが、皆さんはどんな1日をスタートされていますか?

私は今日の寒さに驚いております(笑)

昨日も暖かくなると予報ではなっていたハズなのに、風が強かったせいか、始終長袖でした・・・

こんな気温のアップダウンに影響されることなく?

オリーブの木になっていた小さな蕾たちが開花しました!

葉っぱの上に見える黄色い粉っぽいのはホコリではなく、花粉です!

始めてみるので、長い時間観察してしまいましたが、花粉を吸わないように気を付けていました。

これを吸っても花粉症になることはないと思いますが・・・(笑)

さて、今日の重要なメッセージをお伝えしたいと思います。

1つ前のブログで触れたハワイ島のキラウェア火山噴火についてですが、マグマが噴き出てきて、家屋などが燃える被害が出始めているようで、地震も起きているようです。

女神ペレは何を伝えようとしているのか気になったので、お祈りを捧げるとともに、ペレと繋がってみました。

多くの人々はマダムペレが怒っていると思っているかもしれませんが、彼女と繋がったときそこには怒りはありませんでした。

日本語にというか、言葉にするのがちょっと難しいのですが、今回の噴火は世界中の人々に対するメッセージが込められているのがわかりました。

全てを一気にお伝えすることが難しいので、大まかに受け取ったメッセージをここに書きますね。

「地球にも生命がある」
地球は生きているということを伝えたい。

人はあたかも自分たちだけが必死に人生をやっていると思っているが、動物のみならず、植物もまた生があり、地球もまた地球としての“人生”を生きているということを忘れてはならない。

色んな現象を通じて、人でいう呼吸、消化、排泄、運動などを行っている。

そして、地球にも意志があるということ。

人は地球の主は自分たちと言わんばかりに、縦横無尽に開拓し、開発していますが、それは決して地球の意志ではなく、人々の“欲”のためだったりします。

共存を意識して活動されている方々もいますが、まったくそうではなくお金儲けや私腹を肥やすことだけしか考えていない人がた~~~~~くさんこの世にはいるのと、科学や技術の進歩によって、その勢いが日々加速し続けているということ。

そんな状態でいることは地球の意志ではない・・・という意思表示を人々が恐れる天災(今回は火山の噴火)という形で表現しています。

「自然を愛すること」

人も自然の一部ということを忘れてはならない。

大げさかもしれませんが、自然を破壊する=自分を破壊するということに繋がります。

人が呼吸できるのは自然があり、植物があるからこそ。

そして、自分の中から自然が消えている人は本来の姿(素の自分)でいられなくなっています。

人は自然に帰ると心穏やかになり、素直な気持ちになれます。

それが本来の自分でいることにもつながります。

なので、自然も愛してください。

利便性や発展だけを目標とした開発はしてはいけないということ。

「その地の人々を尊重すること」

財力があって、外国や自分の生まれ育った場所以外の土地を購入することがあったとしても、その地の文化、風土、そして人々を尊重し、敬意を払うということ。

外から来て、土地の所有者になったからと言って、むやみやたらに開発をしないこと。

その土地、その土地のエネルギーや流れ、歴史があります。

それを無視して、勝手をするのは止めよということ。

まだまだメッセージが含まれているのですが、感覚で受け取ったので、残りは言葉にできる時にまたお伝えさせていただきますね。

私が受け取ったメッセージについて、実は昨日、お呼ばれしていったBBQパーティーにたまたまいらしていたハワイ島出身のシンガーでグラミー賞も受賞された方とたまたま火山の話をしたときにちょっとお伝えしたのですが、彼もマダムペレは決して怒っているのではないと言っていました。そして、私が受け取ったメッセージについても、彼もそうだと思うと・・・

ちょっと長くなってしまいましたが、噴火が落ち着くまで、お祈りを続けたいと思います。

火山周辺地域にお住いの方々一刻も早く安心できる日常に戻れますように。

with lots of love♡

投稿者: 福がーる

お喋りなトリリンガル。 “思い立ったが吉日”。気になったらとにかくやってみたくなる。そのくせ、少しでも気になることがあると立ち止まってリサーチし始めるところがある小心者セッカチ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。