大きなお世話様だよね~

こんばんは。

今日は暑くなりましたね。

さすがに今日のような陽ざしを浴びると顔が日焼けしているのがわかりました( ´艸`)

夕焼けもこ~んなにクッキリ綺麗に見えたくらい。

今日は朝から何を書こうかな~と思いながらも、無理して書く必要もないか・・・とも思い1日過ごしていましたが、先ほどお風呂でちょっとした過去の話を思い出したので、シェアさせていただきますね。

もうかれこれ5年前くらいの話になるかな・・・私が学校を辞めて、アルバイトしながら好きなことをやろうと思って動き始めた時に、ある有名なオシャレコンビニでパンを焼きたくて(その時はパン職人になりたかったんです)ベーカーリー部門に応募したことがあるんです。

そしたら、そこの店長さんだったかなにこう言われたんです。

「あなたのような学歴と職歴の方が来るようなところではないし、あなたのような方は手に負えません。」

「パンを焼きたいと言いますが、あなたが想像している以上に過酷ですよ。」

この時の私は今よりもう~~~んと固定観念にとらわれていて、社会の常識を気にしていたのと、外国人として生まれ育って、高校以外は外国人学校または台湾という小さな島で卒業したので、結構“受け入れられない”という意識が強かったんですよね。

だから、これを聞いたときは・・・

「やべー、コンビニすら受からないのか・・・」とコンビニアルバイト歴があるくせに、思ってしまい、メンタルがずど~~~~んとやられ、一気に焦りに変わったときがありました。

さっきお風呂で思い出すまではそのずど~~~~んとやられたことをすっかり忘れていましたが、思い出してみると、な~~~んて失礼な担当者だ!と思いながら、今の私だったらこう切替すのに・・・とロールプレイしみちゃったりしました(笑)

そもそも、私の学歴と職歴は確かにそこのコンビニで働くにはいらないかもしれない・・・そんなのわかりきって、ちょっとのんびりアルバイトしながら過ごしたいという気持ちで応募したのに、学歴と職歴だけで手に負えないって・・・私の人生、あなたに決められる筋合いない!

しかも、いちおう料理屋の娘だった私ですから、労働が何ぞやということくらいわかっているし、職人さんがどれくらい過酷な仕事をしているのかも心得ているのに、なんだあの言い方は?!

私がそんなに仕事したことないように見えたのかしら?(笑)

だとしたら、その方はそうとう見る目が無い方だと思うわ・・・

まぁ~愚痴はこれくらいにして、人がどういう生き方をしようと他人がとやかく言って決めつけるのは大きなお世話なんですよね。

自分の考えを相手に押し付けようとするのも、それは自分の生きる世界でのやりかたであって、相手の人の生きる世界には必要ないことかもしれないし、欲している内容ではないかもしれない。

逆に相手の方が経験豊富で、色んなことを知っているかもしれない。

もし自分の意見を押し付けようとしている自分に気づいたら、一度止まって、見つめなおしてみることをおススメします。

相手=自分ではないので、自分の想像以上のやり方を相手は知っているかもしれないし、経験しているかもしれないので。。。

そして、もし自分の考えを押し付けようとしていたら、その内容を見つめなおしてみてください。

自分ってなんて小っちゃいんだ!と思ったり、これって自分が前に出来なかったことを達成したいだけだったのか・・・と思ったりするかもしれないですよ。

ということで、相手にどんなアドバイスをするかでエゴが強いのかどうかがわかりますよ。

押し売りしすぎると感じたかたは、気をつけましょうね!

さっ、そろそろ寝る準備しないと!

皆さんは寝る前の時間は何されていますか?

私はほぼ妄想です!(笑)

寝る前の時間は“引き寄せ妄想族”になっています。

では、また!

with lots of love♡

投稿者: 福がーる

お喋りなトリリンガル。 “思い立ったが吉日”。気になったらとにかくやってみたくなる。そのくせ、少しでも気になることがあると立ち止まってリサーチし始めるところがある小心者セッカチ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。