強烈だった日のお話 その1

おはようございます♪

昨晩、日本に戻ってまいりました!

いや~寒い日がまだまだ続いていますね。

ハワイの陽気が恋しいですが、日本のお日さまもポカポカしていてホッとします♪

↓こちら昨日昼のハワイ

↓こちら今朝の日本

どちらもいいですね♪

さて、ハワイには8日間いたのですが、その中でも“強烈すぎて、もうなんだかわけわからない!”という日があったんです。

まず最初はこちら・・・(何回かに分けて書きますね)

この日は最初に泊まっていた民泊のところから次のホテルへ移動する日だったのですが、朝、そこの家の方と少し話をする時間があったので、職業の話などをしていたら、その方は聖職者・牧師さんをしてらっしゃるようなのですが、神によって選ばれた方だったそうです。

家族がカトリック教徒だったため、小さい頃から教会に行っていたそうなのですが、本人はまったく興味がなく真剣ではなかったそう。大人になって家を出てから、何十年と教会に行っていなかったらしかったのですが、ある日を境に何故か教会に行かないと・・・という気持ちが強くなったそうです。

当時住んでいた場所の近くの教会に行き始めたそうなのですが、そこでの牧師さんの話は全く響かない、けれども心の中からでてくる教会へ行かないと・・・という気持ちが強くなるばかりで、ある日以前から気になっていた別の教会へ行ってみたそうなんです。

すると牧師さんが話すやいなや、よく映画やテレビで見るような、急に異空間に行ったように、その場から周りにいた人々が消え、牧師さんが自分だけに向かって話しているような雰囲気に包まれたそうなんです。そして、あるメッセージを牧師さんが言い終わると、また元の大勢の人でお触れていた教会のホールに映像が切り替わったそうです。

もしろん周りにいる人たちも彼女同様、牧師さんの話に耳を傾けていたのですが、彼女の中で、とても神がかったことが起こり、そのような現象を見たんだと思います。

以来、彼女は確実に自分の内側にはholly(聖なる光)があり、自分は神がキリストとなり降りてきたことを通して伝えたかったことを更に多くの人に伝えていくミッションを担っている選ばれし者だと意識していると言っていました。

この話を聞いた私は“だからか・・・”と初めてお会いした時に彼女の目から出てくる力強いパワーがどうしてかがわかりました。

そして、今度は私の職業について話す番になり、色々やっているけれど、実はサイキックなんです。というお話になりました。

彼女は“否定をするつもりは全くないけれど、あなたが見ているビジョンとやらはどこから来ているの?”と聞かれ、それから、神のようになりたかった、神をライバル視していた天使‐ダークエンジェルの話になり、どうやって私が神と繋がっているのか?という話にまでなりました。

私は選ばれし、聖なる光るをお持ちの方と直接お話が出来ただけでとっても嬉しいことであり、貴重な時間だったとは思っていますが、彼女からしたら、彼女のように特別な現象を体験したわけでも、宗教を信仰しているわけでもない私が理解がしにくかったのかもしれません・・・

ただ、彼女は私に何かを感じていたのは間違いないと思います。

この会話の後に私はメンターとの2回目のセッションがあったのですが、↑この話をしたからなのか・・・そうなる流れだったのかわかりませんが、私が動揺してしまうことが起こりました・・・

つづく・・・

投稿者: 福がーる

お喋りなトリリンガル。 “思い立ったが吉日”。気になったらとにかくやってみたくなる。そのくせ、少しでも気になることがあると立ち止まってリサーチし始めるところがある小心者セッカチ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。