何を欲してますか?

こんにちは!

昨日はすんご~~~く冷えましたね。
ビックリするくらい寒かった!

昨夜はお友達と恵比寿で食事をしたのですが、店内にいるにもかかわらず、寒くて、身体ヒエヒエ。

食事を味わうよりも、寒さを味わってきた感じ・・・(笑)

さて、今日は前置きは少な目で、早速今日のお話です。

身体が欲するものを察知しましょう!

ということ。

何が食べたい、何が飲みたい・・・は簡単だと思うのですが、それが①身体が欲しているのか、②ただの自分の欲なのか、③人から薦められたからなのか・・・ この3つのどれに当てはまるかをちょっと考えてみてください。

もし、②と③に当てはまるのであれば、それは身体が必要としていないことである可能性があるので、無駄なものになります。

でも、もし①であるならば、おめでとうございます!ちゃんと身体が何を求めていて、何が足りないかわかっている証拠です!

これは食べ物・飲物に限った事ではなく、睡眠や運動を始め、洋服選び(肌ざわり)などにも言えることなんです。

そして、①よりも、②や③に偏っていると、心のバランスも崩れやすくなります。

例えば、

身体が疲れていて、少し昼寝をしたいと思っているのに、昨夜7時間は寝れたし、今は仕事しないといけないから、昼寝なんて・・・と思って、疲れた身体に更に鞭を打って、夜の寝る時間まで動いていたとします・・・

そうなると、疲れた身体が自分の言うことを聞いてくれず、頭も働かなくなっているので、イライラしたり、短気になったり、何するにもめんどくさくなって、タイミングを逃したり・・・ 更にそこからどんどん自分が崩れていって、気持ちも落ちる一方・・・みたいな。

身体が不調の時に気持ちを頑張って引き上げようとしても、なかなか引きあがらないこと、皆さんご存知だと思うのですが、病気の不調の時だけ注意をするのではなく、日ごろから身体が何を求めていて、何を補ったらいいのか、よ~~~く意識して気付いてあげてくださいね。

肩が凝っている、だからマッサージに行こう・・・ ただそれだけ、

ではなく、マッサージに行ったから、今日はゆっくり過ごそう・・・だったり、肩こりの原因が何かを見つけ、工夫し、今後肩がこりにくいように工夫する・・・

そんな感じで、身体が不調を訴えている時、それ以外に何を訴えてきているのかを見つけてください。

これも一種の自分と向き合うための作業ということですね。

身体も心も快調で初めて自分を満喫できますから!

では、また!

with lots of love♡

↓素直な私はケーキで糖分補給&リフレッシュ♪

投稿者: 福がーる

お喋りなトリリンガル。 “思い立ったが吉日”。気になったらとにかくやってみたくなる。そのくせ、少しでも気になることがあると立ち止まってリサーチし始めるところがある小心者セッカチ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。